モンプチコションローズ 【文京区千石の小さなフレンチレストラン】

美味しいフランスパンを目指して。

b0122893_1334476.jpg
最近、プティスプーンでは毎日焼いてるフランスパンが好評。

因みにフランスパンには、“バゲット”や“パリジャン”、“ブール”に“バタール”などの種類があるがすべて材料は同じで、形状や重さなどによって呼び方が変わる。

基本的に使われる“フランスパン”の材料は、小麦、塩、砂糖、酵母菌、水だけである。

b0122893_142343.jpg
大きく開いた“クープ”。
b0122893_1433464.jpg
ランダムにできた気泡も美味しいフランスパンの条件。

外側の“クラスト”はカリカリで中の“クラム”はモッチリ、しっとりとしてる。

何とか“パン作り”も『形』になってきた?!


でも、あと数歩“理想”に足りない。


一つは、成型後の発酵の段階で、キャンバス地の型を使ってないのでどうしても“丸”ではなく“楕円”になる。

つまり、『形』がイマイチ。

そして、焼成の温度。

お店のオーブンでは250℃が限界だが、これではやはり少し低い。

もっと高温で焼かれたパンの表面は、火傷でできる水泡のように小さな凹凸ができる。

まぁ、“理想”を達成するには今の厨房(ほとんど家庭用)では難しい。



理想の美味しいフランスパン。

焼けるようになったら、私、パン屋に転向しようかなぁ?!



by petitspoon | 2010-03-02 02:16 | フレンチ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://psno1.exblog.jp/tb/12924274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

文京区千石にあるカウンター8席のフレンチ
by petitspoon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ファン