モンプチコションローズ 【文京区千石の小さなフレンチレストラン】

パンとポトフ。

これは先週の木曜日のまかない。

松戸にある美味しいパン屋さんのバゲットを“仔羊のポトフ”で食べた。
b0122893_14451100.jpg
仔羊と山菜キノコ、ソーセージなどで作ったポトフ。

基本的に、まかないでポトフを作るときは、ピークを過ぎた食材が入るため“ごった煮”みたいになることが多い。

b0122893_1474863.jpg
でもこの日の主役はこのパン。
二種類のバゲット。

全粒粉を使ったもの“カンパーニュ”と、12時間かけて長時間発酵させたもの。

どちらもそう、松戸のパン屋さんの。

やっぱりフレンチとバゲットはいい相性。

美味し。







因みに・・・
b0122893_1515257.jpg
こちらはそのバゲットとプティスプーンで焼いてるバゲツトを比べたもの。

左が松戸産、右がお店で焼いたもの。

一見、同じように見えるが、微妙に大きく違うんです。

一番違うのは、“焼成率”。

※焼成率とはどれだけ水分が抜けたかを測る率で、焼く前の生地より焼成後のパンの重さが20%くらい減っていると美味しいとされる。(おのじゅん談)

PETIT SPOONで焼いてるバゲットは若干、気泡(穴)が小さく重たい。

でも、どちらが美味しいかは好みによるところ?!


それはそうと、お店で焼くパンは、まだまだその日の“運”に頼るところが多い。

あー、もっと自由に美味しい“パン”を作って見たい!



by petitspoon | 2010-04-13 02:17 | おれまかない | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://psno1.exblog.jp/tb/13143506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

文京区千石にあるカウンター8席のフレンチ
by petitspoon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ファン