モンプチコションローズ 【文京区千石の小さなフレンチレストラン】

助宗鱈の白子の低温コンフィ 炙り雲丹添え。

b0122893_23412758.jpg
助宗鱈の白子を低温で油で煮て上に生の雲丹を載せてバーナーで炙った。

新メニューのヒントになるかと思って、思いつくままに試してみた。




うっ、美味い・・。



助宗鱈の白子は真鱈の白子に比べ味が劣り、特にクリーミーさに欠けるのが普通だが、これはまるで別物。

淡泊な白子に、少し磯の薫りがする濃厚な雲丹がソースの様に絡まって、ゲランドの塩と胡椒がいいアクセントに。



でも食感がイマイチかな?

この少し“ヌルッ”とした感じがダメな人が多そうだ。



この料理がそのままお店で呈することはありませんが、ここから少し発展させてみたい。




ここまで来ると、もっといろんなモノ低温でコンフィしてみたいな。

例えば、牡蠣とか蛸とか烏賊、エビに蟹、サザエに鮑に蛤。
フォアグラ、鶏に仔羊、豚に鴨、これからの季節ジビエもいいなぁ・・。


あーもう時間がなーい!

















$



by petitspoon | 2010-09-18 23:58 | フレンチ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://psno1.exblog.jp/tb/14034825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

文京区千石にあるカウンター8席のフレンチ
by petitspoon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

ファン