モンプチコションローズ 【文京区千石の小さなフレンチレストラン】

千葉 フレンチ

昨日ランチでフレンチを食べたら、無性にあるお店に行きたくなった。


b0122893_1184994.jpg
西千葉にある“パリ食堂”だ。


私の尊敬するシェフの一人、土屋シェフのお店。

b0122893_122567.jpg
お肉のパテ。

そう、この味。選べる前菜の中でいつもこれをオーダーしてしまう。
b0122893_1255060.jpg
レバーのムースはシェフからのプレゼント。

嬉しい!
b0122893_1272924.jpg
二皿目の前菜は、椎茸のスープ。

美味い。ぐっと来た。

椎茸の香りというよりセップ茸の香り。

聞けば、他にも茸を使ってるそうだ。(教えてもらったが内緒です)
b0122893_1314071.jpg
向かって手前右のパン“コンプレ”はお店で焼いてる。
b0122893_1332534.jpg
メインは、ひき肉とジャガイモのパルマンティ風。

b0122893_1345576.jpg
荒くたたいたひき肉の上には、同じく荒く潰したジャガイモがのってて、その上には香草をまぶしたパン粉が香ばしく焼けている。
ソースは自慢のフォンとリキュールのソース。

b0122893_1403043.jpg
最後はデザートの盛り合わせ。
一切の手抜きなし。

これにコーヒーが付いて2000円を切る値段。

生意気言わせてもらえば、安すぎです。

シェフの仕事にはいつ行っても敬服するばかり。



パリ食堂の料理はただ美味しいだけじゃなくて、フレンチというエスプリを感じさせてもらう。



b0122893_1465745.jpg
お会計を済ませた帰り際にシェフは、忙しいディナーの仕込みの手を休めてお話をしてくれた。

少しお話した中で凄く印象に残ったのは次のセリフ。

東京ミシュランで三ツ星のお店を例に挙げて・・

「僕は、今流行のフランス料理はできないよ。レシピ見ても想像ができない。古臭いかも知れないけどこのスタイルでやってくよ。」と謙遜された一言。

でも、にこっと笑いながら発した一言には謙虚さと揺るがない自信を感じた。




b0122893_264136.jpg








このお店にはもっと足繁く通わないといけないと、素直に思えた。






















by petitspoon | 2011-01-28 02:16 | フレンチ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://psno1.exblog.jp/tb/14819221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ばっきーKat at 2011-02-02 12:03 x
先日久しぶりにお邪魔しました。一緒に行った友達も喜んでいました!いつ伺っても旬の食材をシェフのセンスでおいしく頂けて幸せな気持ちで帰宅できます。ワインセレクトもうちにはありがたく、お皿との化学反応も喜びです。またゆっくりとお邪魔したいです。。。。写真がとっても素敵で、久しぶりにパリ食堂も行きたくなりました(*^_^*)
Commented by petitspoon at 2011-02-03 12:00
>ばっきーkat様
いつもありがとうございます。
そう言っていただけると凄く嬉しいです。
パリ食堂、やっぱり美味しいです。
見習わなくてはいけない事も多いです。

文京区千石にあるカウンター8席のフレンチ
by petitspoon
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

ファン