モンプチコションローズ 【文京区千石の小さなフレンチレストラン】

今宵もワイン 其の十ニ

今夜のワインは“シャルル・ドラピエール ACブルゴーニュ 2005”
b0122893_0162838.jpg

でもこのワインの通称は“メルシャン ブルゴーニュ ピノノワ−ル(セブンイレブンで売ってるやつ)”てとこ、!?

無難です。美味しい。

恐るべし、メルシャン、そしてセブンイレブン。

このワインのエチケット(ラベル)は、クーラーで販売しているため、飲んでる内に結露してしわがよる。

冷やして売ってるのも正解かな。

でも、軽すぎず、渋みも冷やしているには感じ無い。

出来過ぎ?

このワイン千円ちょっと。

このところ、ここで紹介するワインはメルシャンが多い。コンチャ・イ・トロもそうだし、、。

安うまワインはメルシャンとセブンイレブンの専売特許か?。。



# by petitspoon | 2008-04-30 00:39 | ワイン | Trackback | Comments(2)

1万円のカツオにぶち切れたスタートレバー

b0122893_15454511.jpg

今日仕入れたカツオ。

確かに身がプリッとしていて美味い。

鹿児島産釣りもの。

マリンズの仕事の帰りで疲れてた。

値段見てビックリ!

b0122893_1549214.jpg


こんなにでかいとは、、。(魚屋ではキロ当たりの価格だけが表記されてる)



b0122893_15532532.jpg


発電機のエンジンをかける為のスタートレバー。

これを引っ張って、エンジンを回す仕組み。

ありえない。

b0122893_15552629.jpg


ぶち切れた。

今日の朝マリンスタジアムでの出来事。


急遽じゅんに新品を買ってきてもらった。


なんか、こんな初夏の陽気だと、ボケボケで、珍事も起こるってこと?


少し気を引き締めないと、怪我でもしそうだね。。



# by petitspoon | 2008-04-29 16:05 | Trackback | Comments(0)

今宵もワイン 其の十一

今夜のワインは“CH ブーケラン 1996”
b0122893_015465.jpg
フランス、ボルドーはム−リスのクリュ・ブルジョア。

はじめて飲むシャトー。'96のビンテージに惹かれて買ってしまった。澱がすごいので、買ったその日に飲んだのは失敗だったかな?

ぅんー、渋い、


しかし。


暫くすると、渋味、酸味は落ち着き、香りが開いて来た。

これは牛だな。サーロイン。焼肉、すき焼き和食的牛肉料理に合いそう。

フレンチでも牛。ソースはフォンやバターをたっぷり使ったこってり系。
赤ワインで煮込んだ内臓なんかも合いそう。

力強い骨格にフランスワインらしい樽香をかすかに感じる。

でも、やっぱり難しい。

昨日のチリワインの方が分かりやすい。

とにかく『ブランド品』を廉価で買おうとすると失敗する良い例かも??。。

このワインについてはこのサイトでも紹介されてます



# by petitspoon | 2008-04-29 00:43 | Trackback | Comments(0)

竹の子のコンフィ

旬のおいしさを味わう春レシピ&春の食卓♪
この季節ならではの食材『竹の子』。

あまった油で、今回はコンフィに。コンフィについてはここ 
b0122893_2373413.jpg

水から茹でて軽くあくぬきをする。

それを、油で煮込む。(この時、油は鶏や豚バラ等の肉をコンフィにした残りの油)

30分ほど煮込んだら出来上がり。
b0122893_2435258.jpg

そのまま、塩と胡椒をして食べても“ホクホク”の竹の子が味わえる。

後から、フライパンでカリッと焼いても美味しい。

鶏や豚のコンフィと合わせてソテーするのも旨い。

これで炒飯作ってもうまそう!!

ああ、お腹すいた。。



# by petitspoon | 2008-04-28 02:53 | フレンチ | Trackback | Comments(0)

今宵もワイン 其の十

今夜のワインは“コンチャ・イ・トロ エクスプロ−ラ− カルメール 2006”。
b0122893_1284014.jpg

またもや、チリワイン。

チリワインにしては偉そうな、値段とラベル。

味も、偉そう。つまりは美味しい。

これは、やられた。

始めて『カルメール』という葡萄品種100%のワインを飲んだが、チリと言われなければ分からない。

グラスで出され、ボルドーのシャトー何とかと言われれば疑いもしない。

『カルメール』という葡萄品種は後で調べるとして、このワインに限って言えば、メルロ主体で、カベルネソ−ビニョン、フランをブレンドした印象を受ける。

料理は、フォアグラだな。ソースはフランボワーズとか、スリーズ等のベリー系がいいね。
鴨もいい。オレンジのソースに少しビターなク−ベルチュールを垂らしたりして、、。

味は、酸も渋みもそこそこで、かすかにブルーチーズのカビのような香りを感じ、たっぷりとした果実感があり、最後にバニラ香がのこる。


しかし、ここで一つ疑問が、、。

このワインビンテージが2006。ボルドーの格付きワインなら間違い無くまだ飲むにははやい。このワインはボルドーのワインのように寝かせる事ができるのか??

この値段で所謂『枯れ』が味わえたらますますフランスのワインは売れなくなる?

安くて美味しいのは嬉しいけれど。。



# by petitspoon | 2008-04-28 02:03 | ワイン | Trackback | Comments(0)

文京区千石にあるカウンター8席のフレンチ
by petitspoon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

ファン